1. トップページ
  2. ひとりっぷ × LeSportsac

ひとりっぷ×LeSportsac SPECIAL COLLABORATION 旅に便利は、日常にも便利!ひとりっぷ®とレスポートサックのコラボ第2弾!ひとりっぷ×LeSportsac SPECIAL COLLABORATION 旅に便利は、日常にも便利!ひとりっぷ®とレスポートサックのコラボ第2弾!

旅にも日常にも、どんなシーンでも!
完全3WAY、
ノーストレスのエディターズバッグが完成!
海外ひとり旅25年以上、海外ひとり旅400回を超える元SPUR編集長、ひとりっP
こと福井由美子さんとレスポートサックのコラボレーション第2弾が実現!
ひとりっPの圧倒的実体験をもとにディレクションされた、使いやすい機能が満載の新スタイル2型と第1弾の2型も新色を加えて再登場。
2020年11月18日(水)発売。

ひとりっぷ × LeSportsac
アイテムをすべて見る >

Urban Editor’s BackpackUrban Editor’s Backpack

旅に便利は、日常でも便利!
バックパックとトートバッグの機能をともに100%、妥協なしに詰め込んだ究極のエディターズバックパックが完成。

from ひとりっPfrom ひとりっP「旅先での不便なことが新しいアイデアのヒントになることがほとんど。今回のアイデアの発端は、空港の保安検査場でバックパックの中にしまい込んだパソコンをあたふたしながら取り出しているときに閃きました。トートにもなるバックパックが欲しい~!この私の希望をレスポートサックさんに叶えてもらうべく、コラボレーションの第二弾企画がスタート。旅にはたくさんのバッグは持っていけないので、バックパック、トートバッグの機能がともに妥協なく詰め込まれたこの「アーバン エディターズ バックパック」は、まさに究極のトラベルバッグ!
オフィスを離れてリモートで働く機会も増えた現在、持ち歩く荷物も必然的に増えています。
完成したばかりの「アーバン エディターズ バックパック」を早速使ってみると、旅行だけではなく、この新しい生活様式での私の毎日にぴったりでした。仕事に必要な数々のガジェット類が余裕で入る驚異の収納力!バックパックだと荷物の重さも気にならない。さらに、おしゃれ、かつ、応用力のあるカラーが3色揃うので、男女問わず、どんなスタイルにもマッチします。まさに“今”こそ、大活躍間違いなしのユーティリティ&ルックスのバッグが出来上がりました!」

ひとりっP's POINTひとりっP's POINT

  • 1トップハンドル
    「肩にサッと掛けられ、ストラップを肩に掛けた状態でバッグが開けるようになっています。肩に掛けたまま中のPCが取り出せるので重宝します」(ひとりっP)。
  • 2ショルダーのパテッド
    「ショルダーストラップのパテッド(パフ)があまりにも厚いとアウトドア感が出すぎてしまいます。あくまでもアーバンなデザインにこだわりたかったので、パテッドの体に触れる部分をふわふわにし、厚みを抑えました」(ひとりっP)。
  • 3可動式クリップ
    「バックパックのショルダーの長さを調節するストラップをホールドできる可動式のクリップを開発してもらいました。そうすることで、トートバッグとして使うときに、ストラップが床に着いたりすることを防ぎます。自分で踏んでしまって転倒なんてこともあり得るので、このクリップはじつはかなり賢い機能ですね」(ひとりっP)。
  • 4サイドポケット
    「サイドのポケットは500mlペットボトルや折り畳み傘がすっぽり収納できる深さへ調整。奥行きと深さをデザインが許す限りギリギリまで出してもらうことで、ポケットの中身がしっかりホールドされるように。」(ひとりっP)。
  • 5マチ幅
    「バッグの底マチを既存より3cm程広げて、収納力をアップ。サイドの幅は、トップに向けてゆるやかにシェイプさせて。容量アップとスタイリッシュさを同時に実現!」(ひとりっP)。
  • 6ボトムの硬めのパテッド
    「バッグの底の部分にも硬めのパフが入っているので、カメラなどを気兼ねなく、そのまま入れられて便利。バッグを置くときも中身への衝撃をあまり気にしないで良いのもポイント。」(ひとりっP)。

  • 7ノートPC収納
    「クッション機能付きポケットには愛用のMacBook Pro13インチを。すっぽり入って、取り出しも簡単。このバッグがあれば、もう空港の保安検査場であたふたすることもありません!」(ひとりっP)。
  • 8ファスナーポケット
    「ここには、PC用充電池や充電アダプター、そしてアップルペンシルが入っています。使っている充電池が縦でも横でも入るように底まで深くデザインしていただいた、大きめのポケットは使いやすさも満点」(ひとりっP)。
  • 9タブレット収納&リストレットホルダー
    「iPadはここが定位置です。10.5インチのipad Air、11インチのipad Proがちょうど収まるサイズ。横には、ジップポーチやマルチウォレットなどの貴重品をストラップで繋ぐことができるリストレットホルダーを付けました」(ひとりっP)。
  • 10スナップベルト付きポケット
    「私が常に抱えていたストレスで、飛行機の機内でPCが重い荷物の下敷きになってしまうという問題も反対側にもポケットを付けることで解決。機内の収納棚にバックパックを入れるときは、PCが荷物の上側に来るようにこのポケットにサッと入れ替えます。」(ひとりっP)。
ひとりっPのバッグの中身ひとりっPのバッグの中身
ビッグポーチ
「新しい生活の今、持ち歩くガジェットは増えるばかりです。イヤホンや外部記憶媒体、カードリーダーなど細々したものはビッグポーチにまとめて、バッグにイン。バッグの底にはパッドが入っているので、衝撃を心配することなく持ち運べます」(ひとりっP)。

御守り
「訪れた土地でいただく旅行のお守り。バッグのポケットにいつも忍ばせています」(ひとりっP)。

カメラ
「カメラはケースに入れることなく、このまま直にバッグに。その際も、バッグの底にはクッション性の高いパッドが入っているので心配ご無用です」(ひとりっP)。

カラーラインナップ

  • K9464388
    ブラックパテント HT

    定番ブラックは男女問わずお使いいただけるジェンダーレスなカラー。内生地は、爽やかなスカイブルー。

  • U0664388
    タッセルパテント HT

    シックで落ち着いた印象のブラウン。ココアのような美味しそうな色合いです。内生地は、柔らかなモーヴピンク。

  • U0654388
    デューンパテント HT

    サンドベージュの華やかで優しい色合い。内生地は、ポップで明るいマンダリンオレンジ。

  • 肩掛けがスムーズにできるトップハンドル

  • 手持ちにしても地面に付かない長さ

  • 肩掛け、手持ち、背負うの3WAYを実現!

カラーラインナップ

  • 肩掛けがスムーズにできるトップハンドル

  • 手持ちにしても地面に付かない長さ

  • 肩掛け、手持ち、背負うの3WAYを実現!

3 Zip Pouch Set3 Zip Pouch Set

バッグの中で財布を見失う問題も解決!
慌てない、焦らない、ストレスにならない財布として活躍する3ジップポーチセットが誕生。

from ひとりっPfrom ひとりっP「旅の財布は、レスポートサックの3ジップポーチと決めています。このポーチを思いついたのも、出国直後の羽田空港にて。免税店でお会計しようとしたら、ライアントラベルトートの中で荷物に紛れて財布が見つからない!あー、ストレス!何とかならないかな!?と思ったときに閃いたのがこのストラップ付きのポーチです。さらに以前から気になっていた、紙幣を折らないと入りづらいサイズも、横に長い仕様にアレンジしてもらいました。私の場合、上から紙幣、小銭、カード類という具合に収納しています。一番上の深いポケットにお札を入れるのは、現金が幾ら入っているか、ポーチを開いても自分以外には見えにくいから。お財布の中身を他人に見られないように気をつけるのは危機管理の基本です。さらに、おしゃれ感最強のパテント生地なので、クラッチ風にもなる。旅先では、このポーチだけを持って、ディナーに出かけるのもアリですね。今回は、交通系ICカードなどが入る2ジップの小さなポーチもセットに。これはレスポートサック香港限定で販売されている縦型のミニ3ジップポーチを愛用していた私のリクエストで、レスポートサックジャパンさんにゼロから作って頂きました。メインのポーチの中に入れてもいいし、取り出して独立して使っても。ご自分の生活スタイルに合わせて、活用してみてください!」

ひとりっP's POINTひとりっP's POINT

  • 13ジップ&2ジップが2つセットに!
    「同じ素材で大小のポーチをセットにしました。2ジップの小さいポーチは、3ジップに収納しても分けて使っても!」(ひとりっP)。
  • 2取り外し可能なリストレット
    「リストレットを追加することで、ひとりっぷコラボバッグの中のホルダー部分に繋げることが可能に!ストラップを辿っていけば、すぐにポーチを取り出すことができ、時短な上にストレスフリー!!持ち運びしやすく日々の生活でも便利。」(ひとりっP)。
  • 3ポーチの横幅
    「一番上のポケットをお札入れにしている私。通常の3ジップポーチのサイズだとどうしてもお札を畳んで収納することに。今回は、横幅を広げてもらうことでお札がそのままラクに収納できるようになりました」(ひとりっP)。
  • 4カードポケットも機能的に
    「3段目のポケットにはカードを入れる仕切りを付けました。これによって、カードがポーチの中でバラバラ動くことなく固定されます。」(ひとりっP)。
  • 51段目の中身
    「お札や頻繁に使うカードは一番上のポケットに。深さがある分、他の人から中身が見えないのがいい。収納力もあるので、助かります」(ひとりっP)。
  • 62ジップポーチの中身
    「旅先では、ホテルのカードキーや交通系カードを収納し、バッグの取り出しやすいポケットにしまっています。東京にいるときは、家の鍵を入れています」(ひとりっP)。

バッグの中のホルダー部分にアジャスト

細かい物も3Zipと2Zipに分けて快適に収納できます

カラーラインナップ

カラーラインナップ

Ryan Travel ToteRyan Travel Tote

前回、第1弾で発売と同時に即完売したトートバッグ。再販のリクエストも多く、
今回第2弾ではブラックに加え、新色2色も加えて発売します。

ひとりっP's POINTひとりっP's POINT

  • 1生地
    「光沢感のあるパテント素材を用いることで実用性とオシャレ感が両立。カジュアルなトート型ながらレストランなどでも違和感なく使えます。さらに秘境などアウトドアシーンにも意外に馴染むのでまさにマルチなルックス。中の物がよく見えるように内生地には明るい色を採用しています。」(ひとりっP)。
  • 2サイドポケット
    「以前のデザインではサイドのポケットが小さめだったので、500mlのペットボトルも楽々入るサイズにリニューアル!私はここにホテルの鍵を入れます。その際、盗難や紛失のリスクを考えて部屋番号などが書いてあるケースははずして鍵だけをしまうのが鉄則。」(ひとりっP)。
  • 32wayショルダー
    「手に持っても、肩にかけてもちょうどいい長さのハンドルのバッグは、ありそうでなかなかないんです。でもこのトートはバッチリ。ショルダーストラップを付ければクロスボディバッグにもなります。」(ひとりっP)。
  • 4フロントポケット
    「安心のファスナー付きなので、空港ではトラベルウォレットをこのポケットに入れます。大容量なので、すぐに取り出したいミラーレス一眼カメラを収納することも可能。(ひとりっP)。
  • 5クッション素材の底面
    「デジカメや各種バッテリーなど旅の必須アイテムにデジタルものが多数な昨今。このトートは底の部分にクッションが入っているので、安心してガジェット類も詰め込めます。」(ひとりっP)。

  • 6ウォレットホルダー
    「マルチパスポートウォレットとトートをストラップで繋ぐことができるので、バッグの中で行方不明になることを防げます。さらに貴重品を盗まれるリスクも激減です。右利き、左利きのどちらにも対応できるように、本体両サイドにホルダーを設置しました。」(ひとりっP)。
  • 7裏面ポケット
    「今回、裏面もファスナーポケット仕様にアレンジ。バッグの裏表を逆に持っても、裏面ポケットにもファスナー付きなので安心です。」(ひとりっP)。
  • 8内側ポケット
    「以前は両サイドとも同じポケットでどのポケットに何を入れたか分からなくなることも。なので、左右で仕様を変えてもらいました。使い勝手も抜群!」(ひとりっP)。
  • 9天ファスナー仕様
    「いくら収納力が高いバッグでも間口が大きく開かないものは、中のものが探しにくいし出し入れもしづらく、結局は使い勝手は良くないんですよね。このトラベルトートは、間口がしっかり開くので、その点はバッチリ!かつ防犯対策も抜かりなしです!」(ひとりっP)。

カラーラインナップ

カラーラインナップ

Multi Travel WalletMulti Travel Wallet

前回、第1弾で好評だったマルチパスポートウォレットがさらにデザイン性を高めモディファイして再登場。
ペン差し部分の素材をゴムから同色のインナー生地へ変更し耐久性もアップ。握り部分3.5cmのペンが収まるサイズ感です。
ゴムが伸びる心配がなく、安定感が増しました。
ブラックパテントは、バッグと同色のスカイブルーのインナー生地へ。

ひとりっP's POINTひとりっP's POINT

  • 1ポケットホルダー
    「帰国時の税関書類などは、時間があるときに必要事項を書き込んで、常に何枚かストックを持ち歩いています。その紙類もしっかり入るサイズで、しかも複数枚入れた時の厚みも考慮してデザインしてもらいました。」(ひとりっP)。
  • 2ペンホルダー
    「いつ何時、ペンが必要になるかわからないので、このウォレットの中にも常にペンを1本。」(ひとりっP)。
  • 3斜めポケット
    「ここの斜めポケットには何も収納しない状態で旅に出て、旅先でもらった必要なものを入れるようにしています。」(ひとりっP)。
  • 4ファスナー付ポケット
    「各国の交通系ICカードや万が一のときに使うクレジットカードやイザという時のための現金、貴重品を収納。」(ひとりっP)。
  • 5カードホルダー
    「5ポケットで収納力も◎。ここには、マイレージカードなどを収納します。」(ひとりっP)。
  • 6メッシュポケット
    「空港でもらう預けた荷物のタグなど、すぐに取り出したいものを入れます。お守りもここに入れることが多いです。」(ひとりっP)。
  • パスポートカバー
    「パスポートカバーを外すのは、入国審査官の前だけ、ですよ!セキュリティ面から、日本のパスポートを持っていることがわからない=日本人だとわからない不透明のカバーをつけるのを強くオススメします。なので付属品としてセットしました。」(ひとりっP)。
  • 外側のスリットポケット
    「飛行機に搭乗するとき、そして空港で入国審査を待っているとき、この外側ポケットにカバーをつけたパスポートを入れておきます。そうすることで、スムーズにパスポートが取り出せ、焦ることもありません。スマートフォンや増補されたパスポートなど、厚みがあるものにも対応!」(ひとりっP)。

カラーラインナップ

カラーラインナップ

ひとりっぷ × LeSportsac
アイテムをすべて見る >

福井由美子さん福井由美子さん

「ひとりっP」こと福井由美子さん
雑誌『SPUR』元編集長。女性のひとり旅を「ひとりっぷ」と名付け、自身も会社員でありながら海外ひとり旅歴25年&400回以上に及ぶ。
その実体験を元に、文・写真すべて本人が担当した女子ひとり旅指南本『ひとりっぷ®』シリーズが好評発売中。
インスタグラム(@hi_trip)、ひとりっぷWEB(SPUR.JP内)でも随時情報を発信している。

ひとりっぷ本ひとりっぷ本

発売日:2020年11月18日(水)
販売店舗:全国レスポートサックショップ、公式オンラインストア
ショップリストはこちら >