会員様限定10%OFF クーポンプレゼント
会員様限定10%OFF クーポンプレゼント
  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ミュベール 中山路子さんインタビュー&販売店舗一覧
遊び心溢れるデザインと、チャーミングでファンタジックな独特の世界観で人気の東京ブランド、
MUVEIL(ミュベール)とのコラボレーションが実現!
そこで、デザイナー・中山路子さんに今回のコラボへの想いや、中山さんのこだわりが詰まったデザインについてお話を伺いました。
MUVEILデザイナー
中山路子

MUVEIL

2007年秋冬コレクションよりデザイナーの中山路子が手がけるMUVEIL「ミュベール」がスタート。ブランド名である「MUVEIL」は、フランス語のmuguet(すずらん)と英語のveil(ヴェール)を組み合わせた造語で、「幸せを願う」という意味が込められています。動植物をモチーフにした刺繍や、ミュベールらしい遊び心あるディテールなど手仕事の温もりを大切に、子供の頃からのインスピレーションや、今の時代を自分らしく表現したいという思いを込め、ヴィンテージになるまで長く愛される一着をMUVEILは、お届けしたいと思っています。

INTERVIEW
Michiko Nakayama

INTERVIEW
Michiko Nakayama

レスポートサックからのラブコールにより、実現した本コラボレーション。
ミュベールのデザイナー、中山路子さんにコラボレーションについて伺いました。

“世代を超えて愛されるものが作りたい”を常に語っている中山さん。同じく世代を問わず多くのファンを持つレスポートサックは、ミュベールのもの作りに関して、共感するところが多かったことが、今回のコラボレーションをオファーしたいと思ったきっかけでした。

「実は、私の姉がレスポートサックの大ファンで、旅行に行くときは私の分までお揃いで持って来て、貸してくれていました。なので、ブランドとしては知ってはいたものの、このお話を頂き、ショールームにお邪魔した時に、私がイメージしていたレスポートサックとは、いい意味ですごく変化されていて、楽しむワクワクする商品がたくさんあるなと。とは言え、創業者の考えを守りつつ、すごい速さで流れる時代に合わせ変化している、すごく素敵なブランドだなと改めて思い、ぜひ、ご一緒させて頂きたいとお返事しました」。

軽くて、機能的で旅行にもぴったりのレスポートサックというイメージが先行していた、と中山さん。でも、最近では旅行と日常生活のスタイルに大きな違いはなくなっていると思う、とも話します。
「日常から旅行まで、すべてのシーンに、ここまで寄り添うことができるもの作りをされていることに驚きもしましたし、共感しました。私自身もですが、今からの時代、よりフットワーク軽く生きて行きたいと望む人が多いと思うんです。その観点からもレスポートサックは、さまざまなクリエーターとコラボレーションされていて、多方面にアプローチされている。だから、今回一緒にコレクションを制作させて頂いても、ミュベールらしいものが出来上がるのだろうな、と安心していたし、ワクワク感もありました」。

そんな中山さんが手掛けた今回のコレクションのコンセプトは、架空の旅行会社「ミュベール トラベル」が企画する“サバンナ ツアー”。ミュベールらしいゼブラ柄とレオパード柄が主役に。
「10年くらい前のコレクションで動物園をテーマにしたことがあったんです。デビューして2年、その頃から、アニマル柄、動物モチーフと言えば、ミュベールといったイメージがお客様と共有ができるようになってきたなと。その、私にとっても特別で記憶に残るシーズンに発表した、2つの柄を選びました。このコラボレーションでもミュベールっぽさを大切にしたかったから。私たちらしさは何か?から発想を広げることで、このコレクションが完成しました」。

ミュベールにとってもアイコニックで、現在も大切に使っている背骨が描かれたゼブラ、そして、このレスポートサックとのコレクションのためにアーカイブから復活したレオパードを使った特別なバッグたち。ロゴテープや内側の柄、そしてファスナーの配色にも中山さんのこだわりがあふれています。
「外側がとてもポップだと毎日、持ちづらくなってしまうので、抑え目に。そして、内側にはバッグを開けた時にキュンとするように、シマウマと豹のモチーフを使ったネクタイ柄のようなポップなライナーを採用しました。そしてコラボロゴも航空会社や旅行会社のようなイメージで作ってもらいました。ボーディングパスをイメージした特別なステッカーも。あらゆる部分から、これから自分が出かける旅、そして日々の日常を楽しんで欲しいと言う願いを込めました。また何年後かに再び、ご一緒できるなら、次回は南極ツアーなんてのもいいかもしれない。さらに地球を飛び出して宇宙旅行でもいいですね(笑)」

バッグの形については、レスポートサックと中山さんで打ち合わせを重ねながら、今回のサバンナツアーに合うラインナップが決まりました。
「私個人的には、レスポートサックの定番ボストンバッグが気に入っています。あの形は、とても印象的で好きだったので、大・中・小と3つのサイズで展開させてもらいました」。
そのボストンを含め、すべてのバッグでグリーンやオレンジがアクセントカラーに。この色合わせにも、強いこだわりが見られる。
「どこにでも連れて行けて、使い倒すまで長く愛してもらえるバッグにしたかった。なので、あまり印象が強い色合わせは避けました。使いやすさ、ハッピーなムード、そしてミュベールらしい色使い。この点をクリアしたのがグリーンやオレンジだったんです」。
さらに今回は、サバンナツアーをより楽しんでもらうための野生動物の耳寄り情報を入れて、ツアーの広告風のデザインになった特別なスタイルも。この辺りにもミュベールらしい遊び心が添えられています。
「どこかクスッとするところがあったり、ほっこりすると同時に力が抜けるような感覚はミュベールでも大事にしている部分なので、今回もぜひ、そんな要素をプラスしたかった。とは言え、レスポートサックのリップストップナイロン生地は、普段、私たちが扱っている素材とは違うので柄が載りにくいなど、一緒に作業を進める工程で、難しいところも。例えば、ゼブラ柄ですがちょっとでも青味が強いと元気のないシマウマになってしまって・・・。でも、ジャパンの皆さんに協力を頂き、何度も色出しをしてもらって、ミュベールらしさを表現できました」。

今回のスペシャルなコラボレーションのバッグたち、中山さんは、どんな装いに合わせて欲しいのでしょう?
「今、旅スタイルは、とても多様化しているので、なるべく普段着にマッチするように作りました。オフィスや旅行など、いつでもどこにでも、このバッグたちと一緒に出かけてもらえたらなと思っています。今、世の中のファッションは、シンプルでシックなものが好まれる傾向にある。そんな中、色を抑えたスタイルに、柄がキャッチーなバッグを差し色として使ってもらえたら嬉しいですね」。

さらに今回は、サバンナプリントの他にミュベールの2020年夏のテーマでもある絶滅危惧種の海洋生物をモチーフにしたミニバッグも展開。ここからも、中山さんの自然環境への関心の高さが伺えます。
「ミュベールは以前より、動物たちに助けられているし、癒されているところが多々、あります。現在、世界中で未知のウイルスが猛威を振るっていて、動物たちのサポートまで目が向かないと言うのが正直な部分でもあると思うのですが、このミニバッグを手にした時に「あ、この子たちは数が減っていて、絶滅の危機になるのか」と気に留めて貰えたら。“かわいい!”と手に取ったものをきっかけに、動物に、そして地球に優しくってなって貰えたらいいなと思っています」。

【MUVEIL×LeSportsac 販売店舗】
表参道フラッグシップストア・銀座フラッグシップストア
  • 札幌大丸店
  • 伊勢丹浦和店
  • 大宮そごう
  • 丸広百貨店川越店
  • 小田急百貨店新宿店
  • 小田急百貨店町田店
  • 吉祥寺東急
  • 西武百貨店池袋店
  • 大丸東京店
  • 髙島屋新宿店
  • 東武百貨店池袋店
  • 松屋銀座店
  • そごう千葉店
  • 髙島屋柏店
  • 東武百貨店船橋店
  • アトレ川崎
  • そごう横浜店
  • 髙島屋横浜店
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ
  • 星ヶ丘三越
  • 松坂屋名古屋店
  • 遠鉄百貨店
  • 新潟伊勢丹
  • あべのハルカス近鉄本店
  • 大丸梅田店
  • 髙島屋大阪店
  • 阪神梅田本店
  • ルクアイーレ店
  • JR京都伊勢丹
  • 大丸京都店
  • 大丸神戸店
  • 西宮阪急
  • 近鉄百貨店四日市店
  • いよてつ髙島屋
  • そごう広島店
  • 小倉井筒屋
  • 博多阪急
  • ラシック福岡天神店
  • 鶴屋百貨店
  • トキハわさだタウン
公式オンラインストア