1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. 大草直子さんコラム連載 vol.1

Today is a new day Naoko.O × LeSportsac 私の毎日を彩る、パートナーBAG 私の毎日を彩る、パートナーBAG

仕事DAYにも頼れる
マルチユースBAG

ファッションエディターであり、スタイリストでもある大草直子さんとの、初めてのコラボレーションが実現! 一から描き下ろした花柄プリントも、色も、形も。すみずみまで大草さんのこだわりが詰まったラインナップになりました。そこで、発売日の10月30日(水)まで、全3回の特別企画をお届け。ONにもOFFにも、そして旅行にも。さまざまなシーンに寄り添うコラボレーションバッグの魅力を、大草さんの私服コーディネートとともにご紹介します。第一回となる今回は「ONスタイル」をお届け!

私たちの「いろいろ」を託すバッグ。
便利で可愛くないと!

「随分前に、「いつか新しいバッグのコラボレーションがしたい」と、レスポートサックから言って頂き。私なりに、時間をかけて、使い勝手や素敵なデザインや、持ちやすい形を考えました。もちろん自分や自分の周りの人たちの、「バッグ事情」をつぶさに観察もしました。
気づいたことは、とにかくみんな荷物が多い! ということ。仕事をしている人、小さな子供を連れている人。そうそう、私もそうだった。25年前から働き始めて、19年前に母になって。確かにずうっと多くのものを持ち歩いています。バッグには私たち「女の人生のあれやこれや」が詰まっているのです。責任感と過去のレイヤーという実績と。そしてもちろん、輝くような未来だって。1つだって捨てられない、そういった「あれやこれや」を、私たちはプライド高く持ち歩いているのだとしたら。できるだけ持ちやすく、ものの出し入れにストレスがなく、そしてもちろん、スタイリングを引き立てる色やフォルムを考えなくちゃ。
そうして出来上がったのが、2つの形。スマホやお財布がきちんと収まる大きさのクロスボディは、女性の身体を、スポーティにシャープに見せてくれるスクエアのシルエット。PCや文庫本、化粧ポーチは入らないから、ヨーロッパの人たちが日曜の市場に買い出しに持っていくような、マルシェバッグを。「2個持ち」するのがおすすめ♡ 例えばストラップが2種類ついていたり、マルシェバッグにはプリントのポーチがついていたり。あとは、どんな着こなしにも合う色合いを選んで――毎日を忙しく、そしてポジティブに生きる私たちの、小さなストレスを1つ、1つ解決できるようなニューバッグができあがりました!」

大草直子

DAY1 Accordion Cresslady & Marache Tote

足取りも着こなしも軽やかになる、
“バッグ2個持ち”

「働いていたり、赤ちゃんがいたり。バッグに「いろいろ」を詰めなくてはならない女性にオススメしたい、バッグの2個持ち。持ち運びが楽になるだけでなく、アイキャッチになるポイントが増え、着こなし全体を軽やかにしてくれる効果も。スマホや財布などよく手にとるものはクロスボディバッグに。マルシェトートは、用事が済んだらオフィスや車に置いて、身軽にディナーに出かけても!」

DAY2 Laptop Case

毎日手にとるものだから。
バッグの中にもお気に入りを

「PCを持ち歩いて、出先で仕事をすることも多いので、PCケースも作ってもらいました。ペタルブルーは知性的だけれど、柔らかさもあるところがお気に入り。ペンケースやポーチのほか、サングラスケースも一から作ってもらいました。片手で開閉できるところがポイント。こちらの裏地には花柄、仕込んでます♡」

DAY3 Classic Hobo

長く愛されている名品に、
「今」の気分をオン

「ロングセラーアイテムの「クラシック ホーボー」。軽くて、ストラップの長さが調整できて、外側の両面と内側にファスナー付きのポケットがあって。機能美が詰まった名品は、敬愛を込め、形はそのままに、色で今の気分を表現しました。例えば、グレーを含んだくすみピンクにエレガンドなゴールドのファスナー。洋服もニュアンスカラーだけで組み立てると、柔和な雰囲気が薫りたちます」

大草 直子/Naoko Okusa

スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新メディア『AMARC』を立ち上げた。近著『大草直子のSTYLING&IDEA』(講談社)ほか、インスタグラムも人気。

Styling / Naoko Okusa Photo / Yumiko Mogami
Hair&make / Taisei Kuwano(ilumini)
Edit / Ayako Suzuki (HRM)